スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
悲しみの底
昨日たろうは予防注射に出かけました。


接種の前に、皮膚にできたカサブタを診てもらい
色々食事の話やら先生とお話しました。
先生はたろうの2ヶ月のときからの主治医です。
性格なども理解していただけてて
私は信頼しています。

その先生がたろうを聴診器で診察していたとき
「ん??あれ??」
と、言うのです。
先生は「申し上げにくいですが」と、前置きをして

「心臓の雑音がかなり酷いです」
「ちょっと進行が早すぎて僕も驚いています」
と、言うのです。

先生が説明してしてくれる心臓の模型を見てるときから
すりガラス越しに見てるみたいに
涙がこぼれるのを必死に我慢しました。

老犬というのは百も承知ですし
老いということも理解はしていますが
あまりに突然の宣告に言葉もありませんでした。

心臓の薬を飲むことになりました。
今まで寒いからよく寝てると思ってたのは
心臓がしんどかったからなんだと自分が情けなくなりました。

甘えてくるのは、寂しさと不安だったんだと
本当にわかってあげてなくって。。。

車に家族が待っていましたが
乗り込んだ瞬間に我慢できずに泣きました。

主人も子供もビックリしたと思います。
自分でも今すぐではない死ということに
向き合うときが近いかもということに
改めて思い知らされ
たろうが愛おしくって仕方ありませんでした。

これからは心臓に負担がかからないように
たろうに合わせて看病していきます。
私の腕にあごを置いて眠ってるたろう。
この幸せをかみ締めて今まで以上に
大切に大切に。
スポンサーサイト
|ペット | comment(2) |
comment
blogを読みながら涙が出てしまいました。
enさんとご家族のみなさんが一番辛いのにごめんなさい。

一生懸命の看病とみなさんの愛情が伝わっていますよ。
辛さと戦いながらの看病になるでしょうが頑張って下さいね。
2010/01/1711:25 | URL | edit | posted by kettle
kettleさんへ
おはようございます。
病院に行ってからは、今まで以上に大切にし体調の変化にも気を使っています。
一番は一緒にいること!これがたろうにはいい薬なんです。
暖かくして抱っこして、赤ちゃんみたいですね。
ゆっくり春を待っています。
ありがとうございます。
2010/01/1809:40 | URL | edit | posted by en
comment posting














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。